カテゴリ:美術( 28 )

秋はお芋ですよね~☆
※以下、文責・とよちゅん。作家さんご本人による紹介文ではありません。
※作家さんの許可をいただいて書いています。画像の無断転載・使用はご遠慮ください。
b0002385_2233360.jpg

b0002385_2235063.jpg

========================================================
Botanical Museum2009
~自然のなかの現代美術館~
広大な造園屋さんの木の畑に16の現代アート


2009/10/17~以下の日程。
10/17(土)、18(日)、23(金)、24(土)、25(日)、30(金)、31(土)、
11/2(月)、3(火)のAM10:00~日没
@黒須植物園
埼玉県上尾市菅谷6-47
090-6005-1626(専用ダイヤル)
高崎線桶川駅からレンタル自転車400円
タクシー約1,250円
内宿駅から徒歩20分

========================================================

16の現代アートのうち、「芋堀炬燵」という作品があります。


「芋堀炬燵」は、ショベルカーと手仕事で、土にじかに座れる堀ゴタツを実現。
中央で火がパチパチ鳴る音、落ち葉のかさこそいう音を聞き、団欒しながら
お芋が蒸けるのを待つ……という、秋の至福をしつらえます。
じつは、すでに9月から焼き芋の準備がすすめられていたため、
「芋掘炬燵」は先日の台風にさらされました。
自然の脅威に、へたな防護策はきかないと判断した作家は、
かわいい作品が土砂崩れから免れるよう、祈るばかりでした。
嵐のあと、「芋掘炬燵」は無事だ、水もすっかり捌けている、
と現地からの報告を受け、ひと安心。自然とのコラボレーションは、
恵みと試練の連続だと痛感するエピソードです。




食宇空間(くう・くうかん)
木方彩乃(きほう・あやの)、多摩美術大学環境デザイン学科卒。在学中2000年より不定期で「食」をテーマとしたインスタレーションの展示を行う。おいしいものを、それに最もふさわしいシチュエーションで食すことを目的とし、鑑賞者に、文字通り五感で味わってもらう“食事の舞台”を作りつづけている。

過去作品を見渡してみると……

おっぱいがいっぱい⇒天井からたれさがる乳型のオブジェを吸う
おむすび⇒縁結びの神社でおにぎりをほうばる
酒⇒屋形船でお酒、おとな~

などなど、駄洒落とノリ一辺倒に見えるキホウさんの作品は、その一本気でほのぼのとした作風は親しみやすく、発表を待つたびに、おなかすいたな、きょうの晩ごはん何かな、という気持ちに似た期待がふくらみます。
[PR]
by toyorubichun | 2009-10-12 22:07 | 美術
企画展「さくらそう展 ~清楚な日本のサクラソウ 色彩豊かなヨーロッパのサクラソウ~」
平成21年4月18日(土)~4月26日(日) 期間中休園日なし
b0002385_23333855.jpg

よく晴れた空が気持ちいい午前中に行きました。ただ風は強くて、カーディガンと七分丈の服装ではちょっと寒いくらい。ひな壇にお行儀よく並んだサクラソウがお出迎えしてくれました。白~濃い赤紫の色をもつ花のひとつひとつが映えるよう、遠目から千鳥模様になるように配置するのがならわしだそうです。
b0002385_233466.jpg

展示会場入り口にはサクラソウがずらーっと列をなしていました。館内のくわしい説明を読む前は、ふーんいっぱい種類あるんだなーぐらいにしか思わず一瞥しただけでしたが、帰りぎわは、わっ、こんなサクラソウもあるの!? と、にわかにサクラソウファンになっている自分がいました。それに入館前は、こんな強風に煽られてサクラソウがかわいそう……などといらぬ心配をしたものです。可憐ではかなげに見えるサクラソウは、見た目によらずガッツのある品種が多いそうで。北海道に自生するユキワリソウなどのおもな生息地は崖や岩場で、他の植物が育たないから生存競争に巻き込まれないですむ、という理由はあるにせよ、そこにしっかり根を張ってるのはスゴい。雨風にさらされてはらはら散っていく桜とはちがうわけですね。
b0002385_23344475.jpg

花びらを水鉢に浮かべて楽しむ鑑賞方法。散った花をこうしておくと3日はもつという。花びら全体がポトンと落ちるからできること。茎からプチッと摘まないこの方法は、良心が痛まなくていいw

室内展示1Fにはヨーロッパに自生するサクラソウと、イギリスに代表される園芸品種、そして日本のサクラソウがありました。ヨーロッパのサクラソウは葉がぷっくり肉厚で、花びらの色と模様はくっきり。鼻を近づけると強い香りがしました。サクラソウの前に額縁をかざして、絵画に見立てて鑑賞する方法が紹介されていました。対して、日本のサクラソウは淡いピンクが中心で、奥ゆかしさを感じます。ヨーロッパと日本、それぞれの特徴の比較が一覧表になっていました。お年寄りや年少者にも読みやすく配慮したためか、解説は大きい字で貼りだしてある。展示会場は殺風景な建物で、いかにも学者さんの研究発表といった雰囲気ではあるけれど、興味深い内容でした。職員さんにお願いしてガイドツアーしてもらえばよかった! 何組かのお客さんがじっくり説明を受けているのを目にしました。

2Fにあったのは、急速に絶滅の危機にさらされている実態や、遺伝による品種の分かれ方を説明した掲示板。鳥居恒夫著『色分け花図鑑 桜草』(学研)を出典とする、花の咲き方の呼称一覧がおもしろい。花びらがフラットにひらく「平咲き」、戦国武将が軍勢を指揮するとき使う道具に似た形の「采配咲き」、花びらの先端が内側に丸まったままの鞠のような「玉咲き」、そしてへたな説明よりネーミングがその姿を語る「狂い抱え咲き」などなど! サクラソウの百面相です。
b0002385_23381720.jpg

また、日本に自生するサクラソウの仲間を追った約8分のビデオが上映されていました。これでクリンソウ(九輪草)というみごとな花を知りました。背が高く、何段も咲く姿を五重塔のてっぺんに立つ「九輪」にたとえて付いた名前。かっこいい。これも絶滅危惧種。江戸時代はサクラソウでお花見をするくらい身近な草花だったのに、残念なことです。 ※画像はネットでみつけたもの。兵庫県加東市平木・播州清水寺のクリンソウ。



「やっぱりちょっと、元気がなくなってきましたね」
「最終日ですものねえ」

植物園の職員さんが、サクラソウを見回りながら話していました。絵画や彫刻は長い年月をかけて劣化することはあっても、1週間やそこらで「元気がなくなった」りはしない。生きてるものを鑑賞する時間て貴重だなあ、と思いました。うちの庭にいる花たちも誇らしげに天を向いています。いま見ごろなのは牡丹、ツツジ、すみれ。
b0002385_2336136.jpg


さくらそう展
国立科学博物館 筑波実験植物園(つくば植物園)
9:00~16:30(入園は16:00まで)
一般・大学生 ¥300 団体割引あり
高校生以下・満65歳以上 無料

茨城県つくば市天久保4-1-1
029-851-5159
駐車場 50台くらい
[PR]
by toyorubichun | 2009-04-26 23:51 | 美術
Yahoo!ニュースより
バービー誕生50年記念限定モデルのチョコレートケーキ。高さ2.1m。

え、どこからどこまでがチョコレートなんですか!?
金髪、バラ、レース、褐色の肌……どれをとっても精巧にできてますよね。
うーーーーん、まわりをぐるっと一周して見たい!!!!

「甘いバービー 後姿」をキーワードにイメージ検索するも、収穫なし。
なぜかミルコ・クロコップ選手の画像がヒットしました。
[PR]
by toyorubichun | 2009-03-10 01:02 | 美術
地元つくば・牛久で活動する油絵グループの展覧会『アートシャワー』と、寺門勝さんほかの『ハルカナル旅』、2つのグループ展が同時開催されていました。

額縁に目を奪われました。こんなに種類があるものなのかと。

額縁は、これまでにも「わあっ」と驚くことがたびたびありました。ルネサンス~19世紀ヨーロッパの絵画が並ぶ展覧会では、主役の絵画にひけをとらない立派な額縁に見惚れたりしますが、なにせ質感も作りこみようも同じような額縁が続くので、途中で集中力が切れて、本来の目的であった絵のほうへ注意が戻ります。

今回は、使い込んだ感じのアンティークな風合いのものから、無印良品の家具のようなつるんとしたシンプルな木枠、無機質なメタルフレーム、ハンドメイドらしき木や厚紙などなど、いろんな額縁が一同に会していて飽きがこなくて、主役の絵画鑑賞があやうくおろそかになるところでした。私は絵を描く心得がないもので、こういう機会に出品するとき、額縁がどのように手配されるのか知りません。それぞれの作家さんが、量販店で購入したり、レンタルしたり、はたまたオーダーメイドで用意するんだよな、たぶん。それはきっと、わが子に着せるものを選ぶような気分だろうな、いいなあ楽しそう。……まったく展覧会と関係のない、しょーもないメモですが、考えたことがなかったことなので書き留めます。額縁とのコラボレーションが印象的だった二つの感想です。



 『恐竜の死』
 荒涼とした地で、瀕死の恐竜2体が横たわっている。彼らの骨を連想させる、つめたい白い彫刻が額縁の四隅にあしらわれている。

 タイトル失念
 写真、イラストの連作。10点近くあったろうか。被写体はアップで撮影されていて、それが何かと判別されるよりも、きれいな模様として見えることに目的がありそうな作品。額縁はマットな黒い厚紙。均一な雰囲気のシリーズだが、ときおり単調なリズムを外すようにメタルフレームを用いた写真が配置されている。



2009年3月3日(火)~8日(日)
茨城県つくば美術館
つくば市吾妻2-8
029-856-3711
南2駐車場・図書館利用で1時間無料
[PR]
by toyorubichun | 2009-03-07 22:33 | 美術
b0002385_13543855.jpg

屋外はつくば地産中心のたべもの屋台が並んでいました。
そうとは知らず昼食後に行ってしまい、大失敗。
ローズポーク使用の巨大餃子まん¥300が食べたかったなあ。
b0002385_13542154.jpg

カピオ1Fをフラットな展示スペースにしたイベント。2Fは劇場用の座席のまま。
入り口付近は、作者名と作品名を紙の札に書いて吊るした花がいっぱい。
ひとつひとつはもちろん綺麗ですが、画一的な花瓶で一列に並べてあるので、
花市場みたいでした。鑑賞して歩くというより、買って帰る切花を探しにきた気分。
凝ったベースを使用したアレンジメント作品も、そっけないパーテーションが
背景だと、どうにも魅力が半減してしまいます。
b0002385_14174377.jpg

b0002385_1421157.jpg

デジカメやケータイの持込は自由で、ほとんどのお客さんがお気に入りの花にべったり寄って
バシバシ撮っていました。わたしも同じです。引きで見てると殺風景でも、ここだ! という
アングルで切り取った、素敵な花の表情を残したい。おもいおもいにシャッターを切る顔は
楽しげで、真剣で、「撮っても文句言われないから」じゃなくて、そういう純粋な気持ちで
撮っているように見えました。きれいなものを見ると、そうしたくなるんだと思う。
b0002385_1414814.jpg



いばらき花フェスタ2009 2/21土、22日 つくばカピオ
[PR]
by toyorubichun | 2009-03-05 14:20 | 美術
「MANOR HOUSE(マナーハウス)英國発 貴族とメイドの90日」
 原題:THE EDWARDIAN COUNTRY HOUSE(MANOR HOUSE)


メールマガジンが届いて知ったのですが、
マナーハウスDVDボックスの販売が終了するそうです。
最後のプレゼントキャンペーン(2009年2月24日~3月31日)が開催中。
b0002385_15182378.jpg

待望のリリースから1年半も経つんですね。
DVD到着の直後、旅行に出たのですがどーしても早く見たくて、
荷物にしのばせ、ホテルで夜じゅうマナーハウス漬けになりました。

つくばのカフェで言うなら、花水木アリスの茶屋がお好みの方には
たまらない映像のはず。みどころはもちろん、美しい貴族の生活だけでなく、
メイドや執事たちの厳し~い裏事情にあるわけですが!
[PR]
by toyorubichun | 2009-03-03 15:23 | 美術
平成20年度筑波大学大学院博士課程人間総合科学研究科前期芸術専攻修了制作展
2/17[火]-2/22[日] 茨城県つくば美術館 無料


芸術専攻の前に「人間総合科学研究科」が付く学生さんは、どんなものを作ってるんだろうか。明和電機のようなエレクトリックでフシギなマシンとか、ちゃんと大気圏突破できる宇宙船とか……。近所にある学校だけど、あの広大な敷地でいったい何が行われているのか考えだすと、アホな空想へ飛んでしまう。だってここは筑波研究学園都市。凡人にとってはまさかの研究が日夜進められていても、おかしくない。


さすがにそんな偏ったイメージどおりのモノは見当たりませんでした。洋画、日本画、木彫、インスタレーション、建築、書、漫画、家具など多岐にわたって展示されています。全体的に落ち着いたトーンですが、間仕切りで分かれたブースごとに共通するテイストの作品がまとまっていて、ギャラリー巡りをした気分。


心に残ったのは、この2点。

■MU-SHA
 動作支援モービル。高齢者向け電動スクーターです。形は一世を風靡したフィットネス機器ジョーバに似ています。操作はゲームのコントローラーっぽいリモコンでします。アイディアスケッチから型どり、サドルの布を手縫いした様子まで、創作過程がまるでお料理のレシピのように冊子になっていました。試乗映像ビデオもあり。大学構内をMU-SHAで移動、かなり小回りがききます。コピーをとる一連の動作では、横への平行移動ができることをアピール。MU-SHAすっごく可愛い、乗ってみたい! 高性能で遊び心のある乗り物として魅力的です。ただ作者の方も「安定性の強化が今後の課題」と書いているとおり、背もたれもハンドルもないMU-SHAは、お年寄りにとっては一輪車に乗るような感じかもしれません。見た目のキュートさ、コンパクトさは抜群のMU-SHA。改良を重ねて、ぜひ実用化してほしいです。「おじいちゃん、ボク乗っていい?」孫と先を争って乗ることうけあい。


■ショッピングカート型観光支援モビリティ
 同じく高齢者向け、こちらは歩行補助器。名前のとおり、ショッピングカートの形をしています。カゴに荷物を入れて押して歩ける、疲れたら付属の椅子に腰掛けられる。展示されているプロトタイプはホームセンターのカート並に大きくゴツい鉄製で、家庭用には向きません。観光支援、つまり遠出する特別な場所に置く備品ということでしょう。たしかにレンタルで利用できたら便利。――いえいえ、日常的に欲しいモノだし、実際、駐車ストッパー・傘受け・ブレーキ付きの折りたたみ歩行補助カーは流通しています。うちの祖父も使っています。それと比べて目新しいのは、スタッキングできることくらい。でも、すでに優れた実用品のあるモノを研究しているからには、何か画期的な発明がほどこされているのでしょう。わたしが重要な機能を見落としているに違いない。カゴの物をひったくられないようスゴい防犯装置がついてるとか。もう一度確かめてきます。


茨城県つくば美術館
茨城県つくば市吾妻2-8
029-856-3711
[PR]
by toyorubichun | 2009-02-18 23:35 | 美術
「 Dear friends, 」
2008年1月10日~2月9日
YUKARI ART CONTEMPORARY
東京都目黒区鷹番2-5-2-1F
東急東横線「学芸大学」駅より徒歩8分
営業時間 :木曜~土曜日12~20時
火曜、水曜、事前予約制(木~土の営業時間内に受付)

いしかわかずはるHP


b0002385_834047.jpg

いしかわさんに、作家さん顔してもらって撮った写真。
※本人の許可を得て使用しています。無断転載は固くお断りします。


いしかわかずはるさんは、学生の頃の知り合いです。
弁髪をおっ立てたフシギな髪型になっていてびっくり。
そんな人じゃなかったのに。。。なにがあったんだろう。

ごくシンプルな線画を描く人でしたが、その発展形を楽しみました。
人物をひと筆がきのようにさらりと描いた作品は、
よく見ると線がいろんな色の毛糸で引かれています。

二つある展示スペースで、
ひとつめは白いキャンバス、
ふたつめは透明アクリル板をベースにしていました。
照明の具合で線が二重三重になって表情がでる、
ふたつめの作品群がおもしろかったな。

キャプションの製作年が「2008年」で統一されていたので、
え! 10日間で20点も!? とビビったんですが、
昨年のうちに作ったものも含まれるとか。
いま行われている展覧会がはじまる直前まで
かかって仕上げた、できたてホヤホヤの絵もあります。

「いつも持ち歩いてるクロッキー帳から
 これだなと思うものを選ぶところから始める」

描きためたクロッキーはそうとうな量になるので、
それらをまとめる作業がひと苦労、と言ってました。
陰影や色彩にたよらない線画は、そぎ落としていく作業。
なにを思ってこの線を選んだのか?
毛糸はいつ頃から用いるようになったのか?
このギャラリーとのなれそめは?
興味津々、質問したいことはいろいろありましたが、
「元気ー?」ぐらいの挨拶しかできず。

そのうちゆっくり話せるだろう。友達だし。
[PR]
by toyorubichun | 2008-01-22 08:05 | 美術
高橋真琴個展
 レジェンド ・ オブ ・ ワールド~伝説の主人公たち~
 会期/2007年5月22日(火)~6月2日(土)
 開場時間/11:00~18:30 /会期中無休
 会場/銀座 ギャラリー向日葵
 東京都中央区銀座5-9-13  中村ビル2F



銀座を歩いてきました。

高橋真琴さんの個展会場をたまたま発見。
“少女画の巨匠”と呼ばれるこのお方を、じつはまったく知らなかったんですが、
ギャラリー向日葵のちいさな看板にズキューーンと胸を打ち抜かれました。
清楚、可憐、繊細、美麗、パーフェクトっっっ!!!! 巨匠のなせる業ですな。

ギリシャ神話やアンデルセン童話などを題材にした、
目がくらむばかりのお姫さまがいっぱい!
ほうっとつくため息は、ピンク色に染まっていたことでしょう。
小品はかなりの数、売却済みシールが貼られていました。
お部屋に一点欲しくなりますよ、ええ、
乙女ゴコロを持つ者なら誰しも。

ギャラリー奥には、高橋真琴さんご本人がいらっしゃいました。
著書やポスターを購入した人にサインしたり、お客さまと気さくに
お話ししたり。白髪で長身の、物腰やわらかい男性でした。

入り口には無題の作品があり、来場者がタイトルを付ける
コンクールをしていました。中世ヨーロッパ王家の肖像を
彷彿とさせるポーズをとる少女は、ドレスも質感が重厚。
軽やかな装いをした少女の絵がほとんどだったので、
ぐっと印象深い一枚でした。少女はお城にいるのでしょう、
アーチと、そこから覗く噴水はアールデコ風。
中世を愛したモリス、ビアズリーの装飾に通じる構成でした。

ギャラリー中ほどでは、画集、さし絵の本が閲覧できます。
『高橋真琴の少女ぬりえ 世界のおひめさま』
は、たぶん近々アマゾンで買っちゃいます。
ポストカード、ポスター、グッズ売り場はお花畑のような賑わい。
梅雨入り前だというのに、すっかり頭が春にもどりました☆
[PR]
by toyorubichun | 2007-05-30 16:48 | 美術
待望のDVDボックス発売まで、あと4日となりました。

マナーハウスPRバナー
「MANOR HOUSE マナーハウス 英國発 貴族とメイドの90日」

これはもう間違いなく、眠れない、眠れないぞ!!!!
[PR]
by toyorubichun | 2007-05-22 19:41 | 美術