カテゴリ:松戸ごはん( 8 )

丸亀製麺松戸栗ヶ沢店
千葉県松戸市栗ヶ沢825-1
月曜~日曜 11:00開店 21:30ラストオーダー 22:00閉店
b0002385_212348.jpg
b0002385_21241148.jpg

おろし醤油うどん・冷(並)¥330
天ぷら¥100~ ×2コ
を注文しました。まるで学食か社食のように、お盆を持ってうどんをもらうセルフサービス。平日の14時ごろでしたが、混んでました。家族連れもけっこういました。ファミレスほど通路に余裕がないせいか、わんぱく盛りのお子さんもしぶしぶおとなしく座ってました。そうか、子どもは遊ぶスペースがあるから遊ぶんだな、と妙に関心。

麺はしっかりもっちりの歯ごたえ。かき揚げおっきい! 卵の天ぷらは中身とろりん♪
[PR]
by toyorubichun | 2010-04-18 21:48 | 松戸ごはん
新松戸に古くからある、“地元じゃちょっと有名な洋食屋さん”。古きよきアメリカを愛する店主さんが、店じゅうをオードリー・ヘプバーンやマリリン・モンローのブロマイドで埋めつくし、ビートルズをかけている。『ローマの休日』のビデオが流れてました。
b0002385_1822444.jpg
b0002385_18271896.jpg
b0002385_18272724.jpg
b0002385_1828512.jpg

b0002385_18283322.jpg
b0002385_18284041.jpg
たとえばここがラーメン屋さんだったら気にしない…というと不公平なのはわかってる。でも言う。メニューもテーブルも埃でベタベタ。油っこい料理が多いとしょうがないとは思いますが、もうちょっと掃除しようよ~。呼び鈴もせっかく可愛いのに、チリンと振った後おしぼりで指先を拭きたくなるって、もったいない。
b0002385_18323659.jpg
主人はハンバーグのセット、私はパフェを注文しました。セット名は失念、¥1,500くらい。ハンバーグが一瞬、ん? どうした、焼いてるうちに肉縮んだ? と問いたくなるほどステーキ皿に対して小さいのだけれど、たぶんもっといろいろ盛り付けるセットメニューと同じお皿を使っているからでしょう。
b0002385_18331944.jpg
b0002385_18332679.jpg
パフェは、セットのデザートでもこの大きさ。私の「お姫様パフェ」は単品¥630。ヨーグルトの上に生クリームを絞り、そこへチェリー、りんご、キウイ、メロン、パイナップルをぐさぐさ刺した豪快なパフェ。ボリュームに負けて完食できず。ええと、STはフライドポテトが一番おいしかったです。
[PR]
by toyorubichun | 2010-04-18 19:00 | 松戸ごはん
主人と月1ペースで通っているコッテコテのラーメン屋さん、貴生(たかお)。これは1月のときの写真です。

つけ麺
b0002385_16383886.jpg

そういえば食べたことがなかったので挑戦。貴生のラーメンは、バカが付くほど猫舌の私でも、お椀ナシで食べられます。よそのお店ではつけ麺ばっかり食べてます。キトキトに脂っこいスープでいただくつけ麺は期待大、と思いましたが……ふつうに汁のあるラーメンのほうが好きでした。いつもはヤケド防止になって大助かりの味玉ですが、つけ麺との組み合わせは、そのひんやりした温度としょっぱさがアダに!


b0002385_16383161.jpg

主人が頼んだのは通常のラーメンだったかしら。うーん美味しそう。
[PR]
by toyorubichun | 2010-04-04 16:48 | 松戸ごはん
前回はランチの安さとボリュームに圧倒されたピンディ。夜、主人とふたりで行ってみました。値段は記憶してませんが、ランチと比べてものすごく高い、というほどではありません。たぶん一人2,000円でお腹いっぱいになります。私たちは多く注文してしまって苦しかった!

b0002385_13434482.jpg
カレーとナンのセットについてくるサラダ。カレー風味のクリーミーなドレッシング。忘れてたけど、次こそアーモンドを除いてくれるよう頼まないといけないな。←アレルギー

b0002385_13442448.jpg
生春巻き。皮がやわらか。

b0002385_1344321.jpg

b0002385_13444155.jpg
ネパール風やきそば。ネパールにもヤキソバがあるのか、と思い注文してみたら、真っ赤なのが来ました。これ、辛ーい香辛料ではなくトマトの赤さ。トマトっていうかケチャップ。にっちゃにちゃした食感、適度なタマネギの甘みと苦み……メニュー名を知らされずに食べたら、「昔ながらのナポリタン?」と思うはず。安かったんだよなあ、¥700ぐらい。これ一皿でじゅうぶん夕飯になる量ですが、不思議と最後まで飽きませんでした。インド料理レストランでまさかのB級グルメ。

b0002385_13445926.jpg
主人お気に入りのほうれん草カレー。

b0002385_13445218.jpg
夜はナンのおかわりは有料。こちらはチーズナンです。¥400ぐらいだったかなー。びろーんとした形のプレーンナンとは違い、きっちり4等分した状態で登場。分厚いもっちりした生地にたっぷりのチーズ! まるでマルゲリータのようでした。

b0002385_1345735.jpg
このカップとソーサー好きです


インドとパキスタン料理の店 ピンディ
千葉県松戸市小金きよしヶ丘3-9-13
Open: 11:00~15:00、17:00~21:30
火曜休み
[PR]
by toyorubichun | 2010-03-12 14:10 | 松戸ごはん
写真はありません。

東葛MARUKAKU 南柏店
千葉県柏市今谷上町71
11:00 ~ 25:00  無休


2009年10月にできたというラーメン屋にいってきました。麺2kg~驚異の「極漢盛(きわめおとこもり)」があるガッツリ系だと聞いて、主人が目をつけてました。冷めると脂のツブツブが浮いてくるこってりスープですが、床もテーブルもまだきれい。店員さんの対応も丁寧で爽やかでした。

私は、まぜそば¥800を注文。揚げねぎ・カレー・うま辛ジャン・チーズを無料トッピングできます。うま辛ジャンとカレーで食べてみました。しまった、カレーの味しかしなくなるだろうなーという想像どおり、そうとうジャンクな麺になりましたが、おいしい。シャキシャキのモヤシがわんさか入っていて、モヤシと同じ太さのぶっとい麺との歯ごたえの違いがたまらない。

主人はふつうのラーメン350g大盛を注文、脇目もふらず食べていました。一気に食べてしまわないと、途中で挫折するかんじの量。「モヤシと極太麺に絡ませるため、スープは濃いめの味にしています。お好みで割り湯します」ってちゃんと卓上に説明が書いてあるのに、それに気づかず後でしょっぱかった、と文句言ってました。めんどくさい客だなー! つけ麺もおいしそう、次回食べてみよう。
[PR]
by toyorubichun | 2010-01-30 00:06 | 松戸ごはん
b0002385_11263086.jpg
ホルモンラーメン¥750
てろんてろんになるまで煮込んだ辛ーーいホルモンが山盛り

b0002385_1126476.jpg

つけ麺 とんこつしょうゆ小(1玉)¥750
シャキシャキもやしが濃厚スープをさっぱりと緩和させてくれる。ふつうのラーメンよりお酢が強く感じられた。

「貴生(たかお)が食べたい」、主人がそう言い出すのは、そうとう疲れているときだ。あえて胃をいじめるとんこつラーメンで、ボロボロの体に追い討ちをかけたくなるらしい。貴生のスープは、猫舌に優しい温度。アッツアツを好む人にはぬるいかもしれない。
[PR]
by toyorubichun | 2010-01-20 11:28 | 松戸ごはん
b0002385_20503935.jpg

千葉県松戸市小金きよしヶ丘3-9-13
ランチ11:00~15:00
ディナー17:00~23:00(LO22:30)
駐車場6台

二人でランチCセットとスープを注文。トムヤムクンだったかな、さわやかな酸味が利いてました。Cセット¥850はサラダ、カレー2種類、ナンかライス食べ放題。食べてみたらすごい量でした。カレー1種類のAセット¥650でじゅうぶんかも。安い。

b0002385_20504881.jpg
セットのサラダ

b0002385_2050564.jpg
b0002385_2051380.jpg
b0002385_20511087.jpg
スープ。冷めると酸っぱいのでアツアツのうちに!

b0002385_20511757.jpg
日替わりカレー(ひよこ豆)とダルカレー

b0002385_20512728.jpg
日替わりカレーとベジタブルカレー

b0002385_20514196.jpg
+100でドリンクが付きます

オーダーをとりにきたインド人(たぶん)が、声だけ聞くと怒ってるみたいなんだけど、メニューから顔をあげて見たらインドの音楽PVばりにニコニコしてました。「辛さは大丈夫でしたか?」とカレーが辛すぎなかったか気にしてくれたり、優しかったです。おいしいし、おちついた雰囲気のお店。スパイシーなものが食べたくなったらまた行きます。次は、ほうれん草でカレーが緑色になってるチキンサグが食べたいな。カレーとナンのランチテイクアウト¥600、これもお値段以上の量が期待できそう。
[PR]
by toyorubichun | 2010-01-14 21:17 | 松戸ごはん
家系四天王 王道家(いえけいしてんのう おうどうや)
b0002385_23372310.jpg

ラーメンにうるさい友人に連れられて、家系ラーメンに行く。平日22時半、10人以上の行列。飲んだ帰りのサラリーマンが中心で、2~4名のグループ客が多かった。
b0002385_23373228.jpg

友人は順番待ちの間、熱弁をふるう。「麺固め、油少なめ、トッピングはキャベツか青菜がおすすめ。麺を食べきった後、無臭ニンニクを入れてよく混ぜるとおいしく飲めるんすよ」

カウンターにドン、と置かれて器を持ったら、油が指についてヌルヌルした。うわ、デジカメ持てないや、と焦るほどにヌルヌル。あわてて指をおしぼりで拭いてから撮影。さてラーメンは、なるほどなるほど、ご鞭撻のとおり。薀蓄の半分も理解できなかったけど、おすすめどおりに食べたら絶品だった。たいていのラーメンは、野菜をたっぷり採りたいなぁと思ってトッピングすると、水っぽくなって残念なかんじになってしまう。ところが王道家は、野菜を入れてちょうどいい。ラーメン酢、ごま、刻みショウガなど、入れるたびにスープの味が様変わりするのも感動。麺を食べきってからのお楽しみがうれしい。店員さんにたのんで入れてもらう割り湯でなく、セルフサービスでできるので、自分のペースでやれて気が楽。友人は、回数を重ねてスープを調合した結果、“俺ブレンド”に到達したという。熱い。
b0002385_23371315.jpg

辛ネギはあんまりおすすめしません、という友人の忠告を無視した、うちの旦那さま。辛ネギはクセが強く、スープの味をしょっぱくしてしまうのだった。「ラーメンぐらい好きに食べさせてくれよ」と耳を貸さないと損をする、と実感した一杯だった。
[PR]
by toyorubichun | 2010-01-08 23:59 | 松戸ごはん