王道家

家系四天王 王道家(いえけいしてんのう おうどうや)
b0002385_23372310.jpg

ラーメンにうるさい友人に連れられて、家系ラーメンに行く。平日22時半、10人以上の行列。飲んだ帰りのサラリーマンが中心で、2~4名のグループ客が多かった。
b0002385_23373228.jpg

友人は順番待ちの間、熱弁をふるう。「麺固め、油少なめ、トッピングはキャベツか青菜がおすすめ。麺を食べきった後、無臭ニンニクを入れてよく混ぜるとおいしく飲めるんすよ」

カウンターにドン、と置かれて器を持ったら、油が指についてヌルヌルした。うわ、デジカメ持てないや、と焦るほどにヌルヌル。あわてて指をおしぼりで拭いてから撮影。さてラーメンは、なるほどなるほど、ご鞭撻のとおり。薀蓄の半分も理解できなかったけど、おすすめどおりに食べたら絶品だった。たいていのラーメンは、野菜をたっぷり採りたいなぁと思ってトッピングすると、水っぽくなって残念なかんじになってしまう。ところが王道家は、野菜を入れてちょうどいい。ラーメン酢、ごま、刻みショウガなど、入れるたびにスープの味が様変わりするのも感動。麺を食べきってからのお楽しみがうれしい。店員さんにたのんで入れてもらう割り湯でなく、セルフサービスでできるので、自分のペースでやれて気が楽。友人は、回数を重ねてスープを調合した結果、“俺ブレンド”に到達したという。熱い。
b0002385_23371315.jpg

辛ネギはあんまりおすすめしません、という友人の忠告を無視した、うちの旦那さま。辛ネギはクセが強く、スープの味をしょっぱくしてしまうのだった。「ラーメンぐらい好きに食べさせてくれよ」と耳を貸さないと損をする、と実感した一杯だった。
[PR]
by toyorubichun | 2010-01-08 23:59 | 松戸ごはん