アリスの茶屋

b0002385_11362294.jpg
野田線を土浦方面へ。
大角豆交差点を左折、
大角豆北信号を左折、
閑静な住宅街をそろそろと
徐行してみましょう。
左手に「アリスの茶屋」の
看板をみつけたら、ビンゴ。


お店と道をはさんで砂利敷きの駐車場があります。ちょっと坂が
急なので、運転に自信のないわたしは勇気がいります。
b0002385_11375739.jpg

外から見るとほんとうにご近所のお宅と変わらない一軒家。
入っていって大丈夫なのかな? と躊躇します。
一歩足を踏み入れると、ふつうを装う外観からは想像のむずかしい、
すんばらしい内装が広がっています。そう、思ったより広かった。
オーナーさんがこの家に住んでいるんでしょうか。
1Fのカフェがこんなに凝ってるなら、住居スペースの2Fはさぞや。。。

b0002385_11384223.jpg

フランスの紅茶専門店です。茶葉、アンティーク雑貨ショップの
奥に、ティールームもありますのよ、どうぞくつろいでらして。
みたいな感じです。お店の方も上品を超えてちょっとコワいぐらいの
迫力オーラを発していますが、丁寧にもてなしてくださいます。

何かの合間や待ち合わせに寄る喫茶店ではなく、
まるまる半日をここでしっとり過ごすきもちで行きたいです。
30席は余裕であるんじゃないかと。4~8名のグループで
予約して、テーブル席でお食事してみたいです。

つくばマダムに人気のようで、けしてすいてるわけではありません。
長居したいときは窓際のカウンター席をそっと陣取りましょう。
ボーボーに生えた野性味あふれるお庭は、英国の大味なガーデニングで面白いですよ。
b0002385_11402795.jpg

お茶の種類の多さと名前のステキさに、乙女ボルテージが上がります。
1杯おいくらだったかは失念しましたが、びっくりするほど高くはありません。
600円,700円そのあたりでは。

映画『マイ・フェア・レディ』や、テニエルの描く『不思議の国のアリス』に
目がハートになっちゃうわたしの胸をズキュンと貫くインテリアです。
そうそう、黒髪のリアル・アリスの写真もショップ内に飾られてました。
下の画像はお手洗いの様子。トイレがきれいだとそのお店がいっそう
好きになるものですが、こちらは清潔というより、麗しい。恐れいります。

b0002385_1140349.jpg

b0002385_11443219.jpg



アリスの茶屋
茨城県つくば市梅園2-11-8
029-851-5406
月曜定休
10:30~18:00
全席禁煙
駐車場 10台くらい
[PR]